「徒然雑草コノヨノナカ ザッソウセイシンデ タチムカエ!」このホームページには広告アフィリエイトおよび広告宣伝・プロモーション・商品広告品レビューが含まれています。
AD スポンサー

社長・人事関係者必見! 優秀な人材を面接で見抜く方法。

この記事は約13分で読めます。

社長・人事関係者必見! 優秀な人材を面接で見抜く方法。

こんにちは!ゴンタです。
2023年9月にこの記事を書いていますが、今はまさにバブル期の再絶頂の中で人材不足により就職・転職は募集をかけても人が集まらない現象になっており、特に飲食店や運送業といった「ちょっとブラックが多い」職種には人が集まらない状態になっているようです。

早くて年末か遅くても数年後にバブル崩壊すると思いますが、そのときの就職市場はどうなっているのでしょうか・・

どちらにしても、会社を経営している社長さんや人事関係者の皆さんは優秀な人材を常に求めていると思うのですが、コンサルティング的なこともやってるゴンタからすると、人材集めの就職面接がイマイチかみ合ってないものが多いような気がします。

大手の社長はもちろん、中小企業の社長さんや重役さん、人事関係者の皆さんは「そういう考え方があるのか!」という気付きにもなると思いますので、この記事を読んで「優秀な人材」を発掘してください。

逆に、これから会社に入社試験や転職や就職による面接などを控えている人は、これからの時代に必要なことが何なのかを含め、参考にしていただけるとよいのではないでしょうか。

最後まで読んでいただくと理解できるかと思います。

世のなかの優秀な人材を求めても入社すると使えない理由

多くの企業は面接前にエントリーシートや履歴書などを確認したうえで書類選考すると思いますが、ゴンタ的には無駄だと思います。

多くの人は入社したいために様々なことをエントリーシートに記入しますので、少し盛った内容だったりしますし、真面目に控えめに書く人も多くおられるのではないでしょうか。 さすがに履歴書には盛った内容は書かないと思いますが(文書偽装の罪 私文書偽造罪・公文書偽造罪・詐欺罪・軽犯罪法違反など)こういったエントリーシートで先行するのはもう時代遅れだと思います。

ここで書きましたが、エントリーシートに記入する人はそれぞれ各基準が違いますし、優秀なのに控えめに書いている人はエントリーシートの選考で落ちると思います。

会社の人事担当者が昔ながらの就職面接を行っていると、こういった1次選考という名目で書類で落とすといった流れになり優秀な人材を見えない形で叩き切っているという事です。

確かにエントリーシートや履歴書を見れば、字がきれいにかけている人で丁寧さが伝わり、今までやってきた内容を相手に理解しやすい形でアプローチしていますから書類である程度見分けることができると思います。

大手企業のように数百人規模で絞り込むような人事面接であれば仕方がないのかもしれませんが、もう少し見方を変えると書類選考で落ちてしまう優秀な人もいるかもしれません。

そういった書類1次選考と面接・面談で入社を決めた人でも実際に入社してみると「使えない」といった問題も出てきており、多くの人事関係者が頭を抱えていると思います。

そもそも、「使えない」のはなぜ使えないのか?が理解できていない社長や重役など会社運営者と人事権を持った人材が多いとゴンタは思います。

代表的な2パターンを挙げてみたいと思います。

そもそもモトから使えない人

多くの会社入社試験を受ける人の中には一定の割合で「そもそも使えない人」が存在します。 そもそも使えないといったレベル分けしてしまうことがこの世の中、だんだんダメな風潮にはなってきてますが、「基礎学力」と「対応力」が備わっていない、とりあえず学校は卒業したという「社会人になった自覚がない人」が該当するかと思います。

これは人事レベルの人たちからすると、かなり頭の痛い内容で人事裁量を持った人はこういった人が居た場合には、なぜ入社させたのかと怒られてしまう状態に陥ります。

こういった人も後程紹介する「面接の一言」で除外できると思います。

要領が良い「八方美人」な人

要領が良い「八方美人」な人が入社しやすい会社が存在するとゴンタは思います。 その理由は会社の社員構成が「要領がいい人」や「仲間意識が強い」人で構成されている場合は、要領が良い「八方美人」が採用されてしまいます。

会社としては利益を追求して会社を運用し大きくしていかなければなりませんが、会社の社員構成が「要領がいい人」や「仲間意識が強い」人で構成されている会社の場合、「よく気が付いてどんどん提案してくれる」とか「こまめに報告してくれる」から昇進させたり「あいつはできるやつだ」と取り入ってくれるといった具合に普段からそういう環境ですので、利益というよりは「自分は」になってしまっていることに気が付いていないのだと思うのです。

そういう会社は上司に対して「手をコネコネ」するような「人を陥れてでも上司に取り入ってもらえるよう、いろいろ聞こえのいい報告や言われたことをうまく返してやっている」といったケースも見られます。

ようは会社全体が「具体的な評価と根拠」を追求しない風潮があるような場合にこういった環境になりやすく、その会社で「つかえないひと」または「能力がない奴」が生まれてしまいます。 しかし、そういう人は実際は「つかえない」のではなく、じつは「ここの会社は学校以下だ!」と思ってやる気をなくしていたり、「この会社では仲良しこよしの好き嫌いで決める会社だ」と気が付いてさっさと気やめている場合があります。

本来、会社は利益によって拡充させ、社員にフィードバックするものですが「仲良しこよし」や「聞こえがいい情報」で人を判断するのでは意味がないことに気が付いてない会社経営者が非常に多いと思います。

そういう会社ほどIT化が進んでいませんし、数値やデータで物事を追いかけるよりも、人の意見が重視される会社ともとれますから、これからの時代には厳しい環境になっていくのではないでしょうか。

会社に必要なものは何かを考えればわかること。

本当に会社を大きくしたいとか、会社の利益を上げるために優秀な人材を求めているのであれば、入社してくる「その人」がどれだけ使える人間であるかを把握できれば良いわけですが、なかなか それが難しいと思います。
では、会社に必要な人物とは一体何でしょう。

ゴンタが考えるものとしては、次のようなものが会社人間には必要なものだと考えています。

  1. 会社の利益を上げるために業務のデータを収集できる人
  2. 業務のデータから分析し現状の問題点を把握できる人
  3. 得られた分析データをもとに予測された現象の把握とそれを改善することができる人
  4. 改善データをもとにコストダウンの方法を模索できる人

こんなことを書くと、ほとんどの人は(特に会社経営者と人事権のある人)「そんなのわかってるわ!」といって話を折ってくる人が多くいます。

しかし、よく考えてみてください。

飲食店であろうが土木系の仕事であろうが製造業・サービス業関係なく、自分の仕事を分析できる能力がない人はいらないのではないでしょうか?

純粋に会社の利益を上げるためには「データの収集能力」と「それをまとめて改善につなげる力」ですので、先に紹介したような「使えない人」にはこういった力はそもそも無いのではないでしょうか。

さらに言えば「データの収集能力」と「それをまとめて改善につなげる力」を持っている人は、入社して数か月以内に会社を見切って辞めてしまう人も多くいると思います。 ゴンタはそういう見極めて会社を辞めるパワーを持った人は素晴らしいと思っています。

なぜか?

そういった力を持っている人は仕事の中で「この会社では自分を生かせないから」というストレスに感じますし、データをまとめて提案したところで「それを評価できる人材」がそもそも その会社には存在しないからだと思います。

会社経営者や人事権のある人であれば、ぜひ自分の会社の中を見てください。
貴方の会社のマネージメントされているポジションの方は「現場の問題点」や「データの分析」を数値として何時も発表したり報告している人はいますか?

さらに言えばパソコンが使えない役職者などいる場合は、現在の世の中では「そもそも会社経営には不要な人」になりつつあります。

確かに、役職者の中にはパソコンが使えなくて昔ながらの「人に対して温厚で面倒見がいい人」で人の扱いがうまい人だったりすると思いますが、これからはそういった「人に対する対応」能力を持ったうえで「データ分析能力」を持った「パソコンが使える人」である必要があります。

それはなぜなのか?

世のなかはコンピューターで支配され、すべての物事はデータベース化されたデータと数値で世の中が回っているから。

なのに、先に挙げたような「仲良しこよし」的な会社の雰囲気にはこういった考え方がないため、「できる人間」は居所が悪いので会社を辞めていきます。

体力だけがあれば大丈夫なガテン系の仕事の世界であっても、よく見ると使用する工具や設備などはコンピューター化されてきていますし、それをレンタル会社から借りたりしても相手の会社はシステム化されたうえで利用しているわけですから、ガテン系だから関係がないわけではありません。 もっと言えばガテン系を管理している人は施工図や工事にかかわる部分では「数値」で仕事をしていますので、単純労働以外は全て裏ではコンピューターにおける数値化で動いています。

世のなかは「パソコン」が使えない人はそもそも、これからの時代は「仕事ができない人」になるという事です。

海外では小学生からパソコンやプログラム言語を扱い、学校の発表や勉強の成果をパワーポイントやワードを使ってオンラインで発表したりしています。
日本ではようやく海外の先進国の教育のシフトに気が付いてコンピューターを取り入れてきていますが、そういった世代が入社してきた場合には、「パソコンができない上司」が仕事の評価すらできない無用な人になるという事に気が付いていないのです。

会社には必要がない「パソコンが使えない人」

これからの世の中は会社の中だけではなく、取引先も顧客自体もコンピュータ化され数値化された世界で会社は運営していくものですから、現場で起きている問題点を抽出するには「現場の問題点を探してまとめる力」が必要になってきます。

今までは口頭で現場の問題を会議などで取り上げて改善していた会社も多いかと思いますが、それこそが会社として無駄なことであり、パソコンでMicrosoft OfficeのExcelやWord、PowerPointなどを駆使して問題点をピックアップし数値化した「裏付けのある根拠が示せるデータを使用した」会議が必要なはずです。

昔ながらの言葉での問題点抽出や対策会議など、本当にそれが根拠のあるもので対処すべき内容なのか? さらに言えばその問題の潜在的な問題の大きさと対処による費用対効果はあるのか? 言葉でどこまで判断できるのでしょうか?

「数値」で物事を言い表せないようなものは「業務改善」には必要はなく、「根拠を示す」ことができる「基礎データ」と「改善で予測される数値」をあなたの会社ではパソコンを使用して具現化し、数値評価をしている役職者と従業員がどれだけいるのでしょうか?

いわば会社で「データ化」・「数値化」・「データ分析能力」・「改善効果の数値化」ができない人は会社での問題点や疑問点、売り上げに対する提案などはそもそも出来ないし、効果は何時まで経っても出てこないと思います。

ここまで読んで、会社経営者の人や人事関係者の人で理解できない人はいないと思いますが・・

会社が入職者に人材教育をするのは無駄であること。

大手企業でも中小企業でも面接や面談で入職してくれた新人に対し、様々な教育をすると思います。
営業職などでは営業の仕方など基礎的な事柄などを教育したりしますが、教育には必要な物と必要ではないものが存在します。

教育が必要な物としては、会社でのルールや取り決め事項、営業など会社対会社でのビジネスマナーやルールなどのほか取り扱っている商品などの基礎知識などそういったものは「とことん」教育が必要だと思います。

逆に教育が必要ではないものとしては「コンピューター」を使うような文書を作る・データを起こすなどのパソコン業務の教育は全くの無駄です。

会社に入ってまでグラフの作り方とか、票の作り方、さらにはEXCELの関数を教えるなど教育費用が無駄です。
そもそもそういったものは「すでに基礎知識レベル」であってで学習するなり、学校などで論文作成や学校の勉強の延長線の中ですでに理解しておく知識です。

データベースやシステム系の会社でない限り、コンピューターの専門知識の教育以外は不要です。

パソコンの教育は無駄だとか、まぁ言いたい放題で、そんな人材どうやって集めるの?と思ってしまう人もいると思いますが、今までの内容を逆手にとって利用すれば簡単に「魔法の言葉」で必要な人材を絞れます。

面接で優秀な人材を1発でふるい落とす魔法の言葉。

会社社長さんや重役など会社経営者や人事関係者が並んで面接をすると思いますが、いろんなことを就職面接者に聞いていると思いますが、この中でほとんどは重要な「質問」ははありません。

ゴンタの場合は、この就職面接こそが人材が使える優秀な人かどうかを選別できる場所だと考えています。
え? 言ってることと、最初に書いてることと違うじゃないか!と怒られそうですが、次のような魔法の言葉で解決します。

面接の最初に「あなたはMicrosoft Officeをどれだけ使えますか」と聞けばよいのです。

会社にはパソコンができない&仕事の問題点を抽出し、数値に置き換えデータベース化し、得られたデータから傾向予測・分析・提案・改善できない人はそもそもいらないのですから、面接開始そうそう、1言目で「あなたはMicrosoft Officeをどれだけ使えますか」って聞けばよいのです。

さらに言えばMicrosoft Officeって会社で必要な業務をパソコンで具現化する最も世界中で使用する「パワーツール」の基本ですし、そんなソフトウェアを入社した人にお金をかけてMicrosoft Officeやパソコンの教育をするのは全く持って「無駄」です。

小学校の私立系では学校の勉強の評価やホームルームなどみんなでdiscussionした内容などをPowerPointなどを使ったりExcelでデータ化してグラフを使って説明したりしていますので、どんどんMicrosoft Officeを使える人材が増えていきます。 大学生では、論文作成などのほか理系であればデータの分析などでMicrosoft Officeを使用していると思います。

ただ「使えます」ではなく、どのようなシチュエーションでどういったことを仕事でMicrosoft Officeで生かすことができるのか、どこまで使えるのか2言目で聞いてみるとよいでしょう。

使ったことが無かったり応用できない人は、うまく言葉で説明できないのですぐに見抜くことができます。

さらに、面接後に実際の業務事例などをもとにデータ化やグラフ作成、そこから読み取れる自分なりの改善などを数時間程度、課題を出して実力を試せばさらに良いでしょう。

会社は「人にかける教育費」は年間を通じて馬鹿にならない巨額の費用を投入して「優秀な人材」を作ろうとしていますが、これからの時代は「パソコンを使ったデータ収集・解析・提案・改善」ができない人材にそもそもお金をかける意味がありません。

これらの「パソコンを使ったデータ収集・解析・提案・改善」ができない人は、それ以外の知識もそれほどあるわけではなく、教育も蓋を開けてみると「教育」という時間とお金を投入することになることが多いと思います。

「パソコンを使ったデータ収集・解析・提案・改善」ができる人は自ら学生時代に取り組んでいて様々な事柄にも「コンピューターとデータベース」に寄り添って生きてきたはずです。

あなたの会社の職制(役職者)はデータ化と数値化を自らパソコンを使って行っていますか?
仮にそのような人が居ないのであれば、これからの世の中では「会社は成長しない」と思います。

無駄な人件費を省くうえでも「見る視点」を変えてみてはいかがでしょうか。

これから面接をして就職を経験するひとは、コンピューターで支配された世の中でパソコンを使わない業務なんてありえませんし、就職した業種に問わず、さまざまな物事をデータ化し、時にデータベース化して傾向予測を行い、様々なデータを交えて得られる情報を「根拠」として業務改善に生かせなくてはなりませんから、しっかりMicrosoft Officeを使いこなしてください。 そのうえでAccseeなどのデータベースの世界まで入り込めればあなたはさらに成長する事でしょう。

ゴンタは「あなたはMicrosoft Officeをどれだけ使えますか」が当たり前の世界であってほしいと思います。
そうすれば、国を動かす国会議員の「コンピューターがわからない無駄に提案し無駄に税金を消費する」老害議員や、会社で部下を正しく評価できない「数値化」できない上司が減ると思います。

コンピューターでシステム化し、効率よく動かすことは国会議員も会社役員も社員も関係ありません。
全ての人がコンピューターを使ったデータベース・システム化によって、より便利に そして無駄のない生活ができるはずだとゴンタは思っています。



ATEngeエアダスターAC電源、3mエクストラロングケーブル付き。2スピードエアダスター500W/260W、収納に便利な吊り下げリング付き。 パソコン/キーボード/エアコン/タワーファン/プリンターなどのホコリ取りに。
ATEngeJP
¥6,299(2024/06/24 13:21時点)
電動エアダスター▶【18kPa風圧】このエアダスターは5.1OZの風力を持続して、風圧18kPaで、家庭やオフィスの電子機器についた頑固なホコリやゴミを取り除くことができます。(バッテリー不要、AC100-120V)

Anker USB-C & USB 3.0 変換アダプタ 2個セット Type C USB-A 最大5Gbps MacBook Pro/MacBook Air/iPad Pro その他 USB-C 端末用
Anker
¥999(2024/06/24 12:38時点)
Anker製品の強み:3000万人以上が支持するAmazon第1位の充電製品ブランドを是非お試しください。

UGREEN USB Type CケーブルPD対応100W/5A 超急速充電USB C to USB C 断線防止 iPhone 15、MacBook Pro、Matebook、iPad、Xperia、Galaxy等Type-c機種対応 (1m, ブラック)
UGREEN
¥1,199(2024/06/24 13:21時点)
🔋【最大100Wの超高速充電対応】UGREEN usb c ケーブルはUSB PD技術に対応し、最大100W (20V×5A)まで安全かつ安定して出力できます。PD充電を実現するために、デバイスとアダプタはPD機能をサポートする必要があります。100W 87W 61W 45W 30W 18Wの電力供給PD急速充電をサポートします。 【ビデオ出力をサポートしていません。】

Anker Magnetic Cable Holder マグネット式 ケーブルホルダー ライトニングケーブル USB-C Micro USB 他対応 デスク周り 便利グッズ (ブラック)
Anker
¥1,690(2024/06/24 04:26時点)
デスク周りをスマートに:内蔵マグネットと専用マグネットクリップを使用して、直径3.5mmまでのライトニングケーブルやUSB-Cケーブルを確実に固定。デスク周りを洗練された状態に保ち、作業効率を最大限に引き上げます。

Anker Nano II 45W (PD 充電器 USB-C)【独自技術Anker GaN II採用/PD対応/PPS規格対応/PSE技術基準適合/折りたたみ式プラグ】MacBook PD対応Windows PC iPad iPhone Galaxy Android スマートフォン ノートPC 各種 その他機器対応 (ホワイト)
Anker
¥3,990(2024/06/23 23:15時点)
スマートフォン、ノートPC、タブレット端末の充電に、これ1つ:USB PowerDelivery(PD)対応の45W出力を備え、スマートフォンからノートPCまで幅広い機器に対応しています。利用機器毎に異なる充電器を持ち運ぶ必要はありません。

Amazonベーシック 乾電池 単3形 単三電池 アルカリ 保存期限10年 100個セット 1.5V 液漏れ防止
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥2,738(2024/06/24 07:27時点)
1.5Vの単3アルカリ乾電池100本パック。使用推奨期限10年で防災の備えにもおすすめ。原産国:中国

Amazonベーシック 乾電池 単4形 アルカリ 保存期限10年 36個セット 1.5V 液漏れ防止
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥1,091(2024/06/24 12:38時点)
1.5Vの単3アルカリ乾電池36本パック。使用推奨期限10年で防災の備えにもおすすめ。原産国:中国

バッファロー USBメモリ 32GB ノックスライド式 USB3.2(Gen1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0 充実サポート RUF3-KS32GA-BK/N
バッファロー
¥980(2024/06/24 13:21時点)
【対応機種】USB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0 Type-A端子を搭載するWindowsパソコン、USB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0 Type-A端子を搭載するMac、USBインターフェースを搭載するデジタル家電(USBマスストレージクラス対応)