AD スポンサー

[WordPress] Contact Form7 送信メールがSPAM扱いでGoogle reCAPTCHAが使えない

この記事は約4分で読めます。

AD スポンサー

[WordPress] Contact Form7 送信メールがSPAM扱いでGoogle reCAPTCHAが使えない。

WordPressを利用してサイト構築をする際に、利用者からのメールでの問い合わせなどに対応する際にはプラグインツールである「Contact Form7」が無料で多機能なため、利用している方も多いのではないでしょうか。

実際に私の管理するWebサイトでもお問い合わせメールに自動返信するなどして、使用させていただいておりますが、「Contact Form7」のバージョンアップにより送信するメールがすべて「SPAMメール」扱いになってしまう事例が発生しました。

原因は簡単で「Contact Form7」のバージョンアップにより、「Contact Form7」のGoogle reCAPTHA設定がV2からV3に変更になったためにトラブルが発生しました。

ここから先は、「Contact Form7」を愛用されている人向けの解決方法を記載したいと思います。

「Contact Form7」を利用して送信するメールはすべてSPAM扱いになる。

「Contact Form7」のバージョンアップのお知らせに合わせて更新している方も多いと思いますが、ある日サイトのお問い合わせなど「Contact Form7」Pluginを利用している送信フォームが、送信しようとするとSPAMメールを意味するオレンジ色で囲われたエラーメッセージ「メッセージの送信に失敗しました。後でまたお試しください。」が表示される症状が発生。

結果的には入力されたメールは送信されず、スパムメールとして保管され、プラグインツールである「flamingo」のメール履歴を確認するとスパム扱いになっていることが確認できる。

原因は「Contact Form7」がGoogle reCAPTHAの適応バージョンを変更したから。

「Contact Form7」はVersion5.0.5まではGoogle reCAPTHAはV2の設定で動作しており、フォーム設定画面に【reCAPTHA】ボタンが設置され、[recaptha]のショートコードにより、「私はロボットではありません」とチェックボタンが表示されていました。

しかし、5.0.5以降のバージョンでは(執筆時点2019/06/02でContactForm7 5.2.1)Google reCAPTHAはV3を採用しており、今までのV2のキーとシークレットキーは使用できなくなりました。

結果的にバージョンアップをした場合、「私はロボットではありません」のチェック部分が表示されないため、送信時にSPAM扱いとなってしまいます。

Contact Form7 Version5.0.5以降の表示 Contact Form7 Version5.0.5以前の表示

最悪なのはV2→V3で再設定が必要というアナウンスはありませんし、V2またはV3のいずれかを使う設定もありません。

バージョンアップ=Google reCAPTHA V3

この図式になってしまい、V3設定だとボット判定スコアを0.2~0.3程度にまでセキュリティを下げないと送信時に、ほぼ間違いなくSPAM扱いとなってしまいます。

さらにV3では「私はロボットではありません」のチェックボックス自体が不要なため、先に挙げた【reCAPTHA】ボタンは消滅しており、[recaptha]のショートコードも使えなくなっています。

Google reCAPTHA Version3ではスパム判定なのでV2を使用する。

「Contact Form7」でGoogle reCAPTHA V2で使用しなければスパム判定でメール送信ができないためダウングレードする必要があります。

ダウングレードはFTPで「Contact Form7」のインストールディレクトリにあるものをすべて削除してからダウングレードバージョンのファイルを入れ替える方法でV2を利用することができます。

【ダウングレードの方法】

  1. ダウングレードファイル Ver.5.05をダウンロードする。
    https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/advanced/
  2. FTP接続し、インストールされている「Contactform7」のディレクトリを残して、ファイルと子フォルダを削除する。
  3. ダウンロードした5.05のファイルを解凍し、すべてのファイルとフォルダ構成を消したところにアップロードする。(いわゆる総入れ替えですね)
  4. プラグインReally Simple CAPTCHAをインストールする。
  5. [recaptha]のショートコードを追加する。
  6. V2用のキーとSecret KEYを設定する。

更新は行わないように注意する必要がありますが、これで回避できますので設定してみてください。

今話題の商品や、その他のおすすめはこちら

SwitchBot スイッチボット スマートホーム 学習リモコン Alexa - Google Home IFTTT イフト Siriに対応 SwitchBot Hub Mini
スイッチボット(SwitchBot)
¥4,480(2022/08/07 15:28時点)
本商品はWorks with Alexa認定を受けたAmazon Alexa対応端末です。※本製品は2.4GHz帯の電波周波数帯にしか対応しません。

キングジム モニターアーム(1面2軸タイプ) ARM110クロ
キングジム(Kingjim)
¥2,970(2022/08/16 11:09時点)
【重量】約2.1kg、【耐荷重(モニター重量)】10kg



ANONIE メイド服 コスプレ仮装 初心者 セット かわいい コスチューム ホワイト+ブラック 豪華セット (pink, S)
ANONIE
¥3,280(2022/08/16 11:09時点)
【豪華8点セット】ワンピース(黒)*1点・エプロン(白)*1点・カチューシャ*1点・チョーカー(首)*1点・カフス(腕)*2点・ガーターリング(片太もも)*2点

アイリスプラザ キャットタワー ハンモック 爪とぎ コンパクト おもちゃ付き 据え置き型 仔猫にも グレー キャットランド 高さ155cm
アイリスプラザ(IRIS PLAZA)
¥5,461(2022/08/16 11:09時点)
【商品サイズ(幅×奥行×高さ)】:70×45×155cm 【付属品】:ねずみのおもちゃは取り外し可能。※予備のおもちゃが3つ


Kaedear(カエディア) バイク スマホ ホルダー バイク用 クイックホールド 携帯ホルダー スマホ 携帯 スマートフォン アルミ製 バーマウント ミラー マウント 360度回転 原付 オートバイ 自転車 KDR-M11C (Black)
Kaedear
¥3,500(2022/08/16 11:09時点)
【ホールドタイプ】 クイックホールド&リリース機構を採用。スマホを置くだけで瞬時にホールド、両脇のリリースハンドルを握るだけのリリース。片手で最速でスマートフォンの付外しが可能です。四角式固定でサイドボタンのスマホやiFaceの様な側面が湾曲したスマホケースにも対応。四点で包み込むような安心のホールド感を是非お試しください。 対応参考機種:Apple iPhone 13 / 12 / 11 / X / XS / XR / XS Max / 8 / 8 Plus / 7 / 6 SE 3 / SE 2 , Samsung Galaxy S10 / S10+ / S9 / S9 Plus / S8 / S8 Plus / Sony / Huawei など4-7インチ(ケースなどの条件によるので、ホルダーサイズをご確認下さい。) <ご注意> 背面が平らでないと中央のボタンが押せない事があります。 カメラが出っ張っている機種はスマホケースで平らにして下さい。 非対応:京セラ トルク(厚い)

ベビースマイル ベビーアラーム E-201 ベビーセンサー 乳児用体動センサ 赤ちゃん 無呼吸 ベビー用品 アラーム 見守り
BabySmile
¥8,800(2022/08/16 11:09時点)
【高性能センサー搭載】乳児用体動センサーが赤ちゃんの体動を感知します。約20秒間動きがないとアラームでお知らせします。