「徒然雑草コノヨノナカ ザッソウセイシンデ タチムカエ!」このホームページには広告アフィリエイトおよび広告宣伝・プロモーション・商品広告品レビューが含まれています。

Asus Rog Ally 次世代ポータブルWindows11搭載!! 携帯型ゲーミングPC!

この記事は約12分で読めます。

Asus Rog Ally 次世代ポータブルWindows11搭載!! 携帯型ゲーミングPC!

こんにちは! ゴンタです。
ASUS ROG ALLY AMD Ryzen Z1 Extreme 512GBのモデルをゴンタ目線でレビュー紹介しています。

巷ではいろんな会社からポータブルゲーム機が販売されていますが、Asusが本気を出したWindows11搭載タッチ画面次世代ポータブルゲーミング携帯型パソコンゲーム機これでもか!と言いたいハイスペックなマシンが販売され、かなりの賑わいになりました。 販売されてからしばらく経ちますが、ゴンタ目線で製品の仕様など商品レビューをしてみたいと思います。

発売前の予約購入をAsus Storeから行い購入しました!

ASUS ROG ALLYには2つのモデルが存在しており、初期販売(発売日:2023年6月14日)したのはALLYの中でも性能が良い「AMD Ryzen Z1 Extreme」で型番がRC71L-Z151です。

後発モデルとしては発売日:2023年9月21日の「AMD Ryzen Z1」で型番がRC71L-Z1E512のもので、先行販売モデルと比較するとCPUプロセッサーの仕様が異なっており、CPU処理速度が遅い廉価版となっています。

ゴンタがAsus Storeから予約購入したモデルは上位モデルになる「AMD Ryzen Z1 Extreme」が搭載されたRC71L-Z151です。 7インチの120Hz FHD 1080pの液晶画面にはタッチパネルセンサーが搭載されており、ゲーム操作中であってもタッチパネルからの操作も可能になっています。 また、16GBのRAMを搭載しているため、OSがWindows11ベースでEpic・Xbox・Steam・UBIなど各ゲームプラットフォームをマルチに動かせ、メモリ不足によるゲームの動作に支障が出ない高容量16GBとなっています。

本体にはM.2 2230 512GBが搭載されており、M.2 MvMe 2230サイズのSSDであれば高容量モデルに簡単に換装(乗せ換え・交換)することが可能となっています。 もともとのSSDはM.2 2230 PCI Express 4.0 x4 NVMeタイプのMicron 2400 SSDが搭載されており512GBですが、流石に現在のゲーム容量からすると、ゲームソフトは数本しか保存できませんので、512GBでは少し物足りなくなると思います。

本体にはMicroSDカードを搭載しており、ゴンタが所有する512GB SSDなどを使用してみましたが流石に、MicroSDに保存されたゲームを起動するには処理速度と転送速度の問題で使用に耐えるものではないため、セーブデータの移行やちょっとしたデータの受け渡し程度だと思ったほうが良いかもしれません。

ゴンタはM.2 2230サイズから格安廉価のCrucial P2 CT1000P2SSD8 NVMe/PCIe Gen3 x4 シーケンシャル読み取り:2,400MB/s 、シーケンシャル書き込み:1,800MB/s フルサイズのM.2 2280の1TBに乗せ換え使用しています。

M.2 2280への換装(載せ換え・交換)については別の記事で紹介していますので参考にしてみてください。

Asus Storeから購入した理由としては販売日1日前に手に入れれることと、即時商品レビューを掲載することで、別売りのAsus ROG ALLY専用のトラベルケース(SKU : ROG_ALLY_CASE UPC : 195553995580) 3,980円相当のプレゼントがあったためで、レビュー後の一か月後に別送で送られてきました。 さすがに専用のトラベルケースだけのもであり、ジッパーチャックの部分にはREPUBLIC OF GAMESの文字と表面にはオーロラプリントされたROGデザインが施されており、安っぽいAliExpressで販売されているような専用ケースではないところがASUSが力を入れているパワーを感じます。

このトラベルケースは3980円と少しお高い感じもするが、ここにもASUSの本気度が感じられる。 高級感があり、気になるアナログスティックを保護する構造になっているので、お出かけする際にはぜひ持っておきたいトラベルケース。

Asus ROG ALLY 上位モデルと下位モデルの比較表

最初に先行販売された上位機種「AMD Ryzen Z1 Extreme」と、先日販売が開始された「AMD Ryzen Z1」のモデル比較表を下記に記載してみます。 モデルの違いはCPUとGPUの違い以外は差はありませんが、2万円の金額差でAMD Ryzen Z1 ExtremeのRadeon Graphics 最大8.6TFlops FP32はゲーマーであれば迷わず上位機種を選ぶとよいと思う。 下位モデルに関してはCPUとGPUの処理速度が遅いため、ゲームによっては負荷がかかることでバッテリー消費が上がる可能性もあり、バッテリーの差については下位モデルを所有していないので確実なことは言えないが、サクサク動くか負荷がかかるかの差を考えると、やはり上位モデルのほうが負荷がかかりにくいぶんだけ、バッテリーも持ちが良い可能性があると思う。

ASUS ROG ALLY スペック比較表 (ゴンタ調べ)

型番 RC71L-Z1E512 RC71L-Z1512
販売開始日 2023年6月14日 2023年9月21日
販売価格 10万9,800円 8万9,800円
CPU

Ryzen Z1 Extreme
8コア16スレッド 3.3/5.1GHz
16MBキャッシュ
Zen 4アーキテクチャ

Ryzen Z1
6コア12スレッド 3.2/4.9GHz
16MBキャッシュ
Zen 4アーキテクチャ
GPU AMD Radeon™ グラフィックス
最大8.6TFLOPS FP32
AMD Radeon™ グラフィックス
最大2.8TFLOPS FP32
液晶パネル
7.0型ワイドTFTカラー液晶
1,920×1,080ドットグレア
リフレッシュレート:120Hz 7ms
Gorilla Glass Victus
10点マルチタッチ・タッチスクリーン (静電容量方式ペン非対応)
7.0型ワイドTFTカラー液晶
1,920×1,080ドッグレア
リフレッシュレート:120Hz 7ms
Gorilla Glass Victus
10点マルチタッチ・タッチスクリーン (静電容量方式/ペン非対応)
メインメモリ 16GB LPDDR5-6400
オンボード交換不可

16GB LPDDR5-6400
オンボード交換不可

SSD SSD 512GB M.2 2230 MvMe
PCI Express 4.0 x4接続
換装(乗せ換え・交換)可能
SSD 512GB M.2 2230 MvMe
PCI Express 4.0 x4接続
換装(乗せ換え・交換)可能
ワイヤレス通信 Wi-Fi 6E(IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5.1
インターフェイス ROG XG Mobile×1
USB 3.2 Gen2 Type-C データ転送/映像出力/本体へPD給電 1か所
MicroSDXCメモリーカードスロット(UHS-II)
3.5mm音声コンポジットジャック
サウンド ステレオスピーカー(1W 左右1か所)
Dolby Atmos対応、ハイレゾ対応(イヤフォン利用時)
アレイマイク
ACアダプター Type-C/65W ACアダプター (20V/3.25A)
バッテリ/容量 リチウムポリマーバッテリー4セル/40Wh
JEITA2.0:約10.2時間
高画質高負荷ゲーム:約2時間程度 クラウドゲーム約6時間程度
動画再生:約6時間程度(ゴンタ実働した時間)
バッテリ充電時間 Max100%まで1時間30分(65w純正充電アダプタ)
Max80%(バッテリ負荷低減モード)まで1時間10分 (ゴンタ実測)
サイズ/重量 約280mm x 112mm × 35mm 約608g
セキュリティ 指紋認証センサー一体型電源ボタン
コントローラ ソフトウェアによる自由設定 XBOX仕様

ガッツリゲームは厳しいが、ミドルレベルならお出かけ仕様!

携帯型ゲームPCとしては、かなりのハイスペックなモデルでありゲームを選ばない仕様のように思うが、ガッツリ系のゲームにはなかなか厳しく、付属のカスタマイズ機能を利用して表示画面サイズを落としたり、フレームレートを60Hzに変更したりしなければ動作が厳しいものも存在する。
CPU的にも高負荷なゲームを動かしてもバッテリー消費が激しくなるだけなので、携帯型ゲーム機としてはミドルタイプのゲームがMAX値であり、高負荷なゲームはよりハイスペックなディスクトップPCで遊ぶのが妥当だと思う。

ただ、外に出てゲームができるのか?といった「おでかけ」需要を満たせるのか?時になる人も多いと思うが、ゴンタはWiMAX5GのWiFiルーターを契約しており、Galaxy 5G mobile Wi-FiでAsus ROG ALLYを使用しています。 DIABROイモータルなどのMMOアクションRPGでも難なく動作しており、家から持ち出して利用することも問題ないが、やはりバッテリーの消費とプレイ時間を考えると動作スペックを付属のソフトウェアを使ってローレベルにする必要があるのは致し方ないと感じます。

Machine設計としてはよく考えられていると思うが、高負荷の場合排熱ファンが回り相当の熱を発することも。
MicroSDが熱で損傷するという情報もあり、ゴンタも64GBと512GBのメモリが壊れてしまったので、メーカーに調査依頼を行い、帰ってきた返事は何ら問題がないとのことでMicroSDカード2枚を失った結果となったので、MicroSDカードを利用する際は気を付けたほうが良いだろう。
一時、アメリカの弁護士チームがこの問題にユーザーコメントを2023年8月初旬には求めていたが、現在はそういった情報もなくなっている。
背面にはROGのデザインを施した冷却用のスリットが入っており、グリップの状態とバンパートリガーの使用感は非常にマッチした形になっている。

アナログスティックの入力レベルは最高

左右のアナログスティックは入力レベルをコントロールできるため、ガシガシFPSなどで酷使する人にはこのレベル調整がかなり有効になってくるのではないかとおもう。 スティックを倒しすぎて強い力で削ってしまうようなハードな使い方をする人は、物理的にクッションとなるゴムリングや輪ゴムをステックに巻き付けておくとドリフト防止になるので、ぜひやってみて欲しい。

左右のアナログスティックにはデッドゾーンとしきい値を設定できるので、ガシガシ使いすぎて入力レベルが変わってしまうドリフトが発生してもこのコントロール調整で補正はできると思われる。 長く使えるようソフトウェアで制御しているあたりがAsusの力の入れ方が良く理解できる

左右のトリガーコントロールも入力コントロールができる

ゴンタは手が大きいため、左右のトリガーの押し込み具合はASUS ROG ALLYでは簡単に軽く押し込みができているので気にはならなかったが、家族が使用した際に手が小さい女性などの場合は左右のトリガーの押し込みにパワーを使ってしまうらしい。 その際、押し込みが十分にできないために反応しないまたは、十分に押し込まれた状態を維持するのが難しいが、ASUSはその部分にも気を使っていて、ソフトウェアによる入力レベルをコントロールできるようになっている。
子のトリガー入力の調整は人によっては非常に大切な物であり、この先ほどのアナログスティックの設定も含めて、このゲーム機を選ぶ一つの指標にもなると思われる。
こういった部分にも細かな設定ができるのは非常にうれしい機能です。

ボタンや入力トリガーをゲームごとに設定できるGame Library

Game Libraaryは先にも挙げた通り、インストールしたゲームやゲームプラットフォームの管理をするソフトウェアですが、設定画面にはトリガーやスティック設定などゲームごとにカスタマイズできる機能が搭載されています。 様々なゲームに対応させるためにより細かな設定をユーザーが利用できるのは非常にうれしい設定機能であり、この設定があるからこそ、さまざまなゲームプラットフォームのゲームを楽しむことができると思う。 海外製の中華ゲーム機でも似たものがあるが、実際にゲームをしていると設定したトリガーの動きが変わってしまったり、コントロール自体に支障が出てしまうことも多いが、このあたりは流石、ASUSといった感じで作り込みされたソフトウェアだと感じるものがあります。

設定できないものはないといってもいいぐらいユーザー設定ができるのがASUS ROG ALLYを選ぶ理由かもしれない。
左側の液晶横にあるボタンを押すとゲーム中でも自分で設定した機能コマンドを使って動作を辺こすることもできる。
バッテリーのヘリを見ながら画面のリフレッシュレートを120Hzから60Hzに変更したり音量や画面輝度を瞬時に変更できる。

ASUS ROG ALLYは現時点で最高レベルだと思う。

結局のところ、ゴンタは販売当日からこの記事を執筆する2023年9月23日までレビュー記事を書いていませんでしたが、それは実際に使い倒してみて感じるものをレビューしたかったというものあり、今頃になってレビュー記事を書いている。 現時点ではCPUやGPUスペックは最上位に位置しており、他メーカーも刺激を受けて新しいモデルをどんどん販売している状況でもある現状、ゴンタは選ぶべきは今もASUS ROG ALLYだと感じます。 できれば「AMD Ryzen Z1 Extreme」型番がRC71L-Z151を選ぶのが一番コスパが良いので、購入するかどうかで迷っている人におススメしたいゲーム機です。

AYANEO GEEK、AYANEO 2021、ONEXPLAYER mini Pro、Steam Deck、Logitech G Cloud Handheld Portableなどと比べれば、それぞれの長所短所があると思うが、ASUS ROG ALLYには統合的なポイントが高く安定しているので、購入検討の中に入れて欲しい携帯ハンドヘルドPCだと思います。

LenovoからLegion GoというRyzen Z1 Extreme搭載の8.8インチ画面搭載携帯ゲーム機も販売がなされる記事も出てきていますが、他社後継機にもライバル機としてまだまだイケるゲーム機だと思う。

Xbox Games Pass Ultimateの3か月間無料使用権

もしAsus ROG ALLYを購入したらXbox Games Pass Ultimateの3か月間無料使用権には注意をしたほうがよいかもしれない。 Microsoftアカウントを初期セットアップの際に設定した場合でXBOXのゲームパス3か月をスキップした場合、3か月後には権利がなくなってしまう。 ゴンタは初期登録時にスキップして9月20日にStarFildというゲームが爆発的人気になりXbox Games Passで利用できることを知って3か月間試用するつもりでしたが、どうやっても3か月無料使用権を行使することができなかったので、権利がなくなると書いています。(行使できるやり方があるかもしれないが、今のところ不明で実費支払い)もし、Xbox Games Pass Ultimateに興味があるのであれば、セットアップ時にXbox Games Pass Ultimateの3か月間無料使用権を利用して3か月間、ゲームを楽しむとよいと思います。

ASUS ゲーミングPC ROG Ally RC71L 7インチ Ryzen Z1 Extreme メモリ16GB SSD512GB リフレッシュレート120Hz Windows11 ポータブル 重量608g ホワイト RC71L-Z1E512
ASUS
¥106,210(2024/05/25 19:50時点)
【OS】Windows 11 Home 64ビット【カラー】ホワイト【本体サイズ】幅280.0mm×奥行き111.38mm×高さ21.22~32.43mm(スティック先端からの厚さは40.58mm) 約608g【バッテリー駆動】約10.2時間【消費電力】最大約65W【グラフィックス】AMD Radeon グラフィックス (最大8.6TFlops FP32)
【アップグレード版】ASUS Rog Ally/Steam deckドッキングステーション・Rocoren 6-in-1 多機能Stream deck TVドックステーション・【HDMI 2.0 ポート4K @ 60Hz 1080p、LAN ポート1000Ⅿbps、 USB 3.0ポート×3、 Type C 100W 急速充電ポート】スチームデックドック/Steam Deck Dock
Rocoren
¥5,280(2024/05/26 00:17時点)
🎮【アップグレード版Steam deck/ ROG Allyドッキングステーション】:より広いベースのオールインワンStream Deckドッキングステーションは、Steam deckのケースの厚さを気にせず、安心して使うことができます。しかも、6-in-1ハブとスタンドを完璧に融合して、使い勝手がいいだけでなく、机の上がすっきり片付きます。
ASUS ROG Ally Travel Case ケース ブラック 外寸 幅305mm×奥行き43mm×高さ143mm ポリエステルコーティング PU 内部素材 ポリエステル 質量: 約189g 【日本正規代理店品】 ROG_ALLY_CASE
ASUS
¥3,982(2024/05/25 19:50時点)
ROG Ally Travel Caseは、ROG Allyを持ち運ぶための専用ケースです。本体を傷や衝撃から守り、安全に持ち運べるようにします。ROG Allyを立て掛けるスタンドとしても使用できます。

GXTRACE ゲーミングチェア PCゲーミングチェア ゲーム用チェア リクライニング アームレスト ヘッドレスト ランバーサポート オットマン オフィスチェア デスクチェア パソコンチェア 椅子 (Red)
GXTRACE
¥23,200(2024/05/25 15:01時点)
【快適な座り心地を実現するゲーミングチェア】専門デザイナーがエルゴノミクスーに基づき、伝統的なゲーミングチェアの仕様を改良、座り心地の変革を行いました。座面は幅48cm、少し大きめのゆとりがある設計、より広いです。仕事や勉強など長時間に座ると、足の位置が変わるとき、窮屈に感じません。座面の奥行きは52cm、深く座ったときに、膝裏と座面の距離が近いです。日本人の座り心地を追求した体圧分散形状!人間工学に基づいた開発さたら3D座面がお尻にフィットします。体圧分散の高品質モールドウレタンで、長時間作業でもお尻に優しい形状を実現!

MOTPK ゲーミングデスク 幅100㎝ 安定丈夫 カップホルダーとフックは360度移動収納可能 収納ラック2段付き 台下区分収納対応 パソコンデスク PCデスク オフィスデスク ゲームデスク カーボン調天板 ブラック (ブラック, 幅100cm)
MOTPK
¥17,990(2024/05/25 19:46時点)
MOTPKが開発した最新デザイン、収納シェルフ付きのデスクはゲーミングデスクとしてはもちろん、パソコンデスクとしても使用できるおしゃれなL字デスク。◆本体サイズ:約幅100×奥行60×高さ75CM ◆本体重量:約17.8KG ◆梱包重量:20.1KG◆フレームでの青いシールはお客様次第で貼付可能です◆お客様組立て品です。| 日本語組立説明書あり◆万が一ご購入した商品に初期不良が発生した場合、いつでもお気軽にお問い合わせください。◆一年間安心保証

Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード ワイヤレス G913 GLスイッチ リニア メカニカル キーボード 静音 日本語配列 LIGHTSPEED 無線 Bluetooth 接続対応 LIGHTSYNC RGB G913-LN 国内正規品 【 ファイナルファンタジーXIV 推奨周辺機器 】
Logicool G(ロジクール G)
¥31,680(2024/05/25 09:03時点)
【Logicool G G913 ハイエンド ワイヤレスゲーミングキーボード】革新的な3種類の薄型GLスイッチを初搭載、LIGHTSPEEDワイヤレスとBluetooth接続両方対応の次世代のゲーミングキーボード。極限の薄さを実現した流線型デザイン、LIGHTSYNC RGB、プログラム可能なGキーをフル装備した最高級モデルです。

Logicool G ゲーミングマウス G502 X PLUS LIGHTSPEED ワイヤレス マウス G502XWL-RGBWL LIGHTFORCE ハイブリッドスイッチ HERO 25K センサー 13個プログラムボタン USB Type-C 充電 LIGHTSYNC RGB POWERPLAY 対応 PC windows mac G502X ホワイト 国内正規品
Logicool G(ロジクール G)
¥21,780(2024/05/25 17:57時点)
独自のハイブリッドスイッチLIGHTFORCEとHERO 25Kセンサーを搭載/人気のG502の魅力はそのままに最先端のゲーミングテクノロジーを搭載、更にパワーアップしたワイヤレスゲーミングマウス「G502 Ⅹ」



Razer レイザー Leviathan V2 X ゲーミング サウンドバー 単一スピーカー フルレンジドライバー搭載 USB Type-C Bluetooth 接続 Chroma RGB 対応 モバイルデバイス PC ノートPC リヴァイアサン ブイツー エックス 【日本正規代理店保証品】
Razer
¥15,980(2024/05/25 00:38時点)
Razer Leviathan V2 X は USB Type-C / Bluetooth接続対応のコンパクトなゲーミングサウンドバーです。 ゲーム、映画、音楽など あらゆるエンターテイメントをこれひとつでお楽しみいただけます。

ゲーミングマウスパッド マウスパッド ゲーミング 大型 キーボードパッド 防水 ズレない RGB 4USBケーブル付属 【一年保証】
Geecol
¥2,850(2024/05/25 23:42時点)
【4つのUSBポート付き】 HUBポートが付きのため、最大4つのUSB設備を同時に接続することが可能です。有線マウスを有線キーボードと同時に利用でき、利便性をアップします。また、表面にも滑 らかで、マウスをスムーズに移動できます