AD スポンサー

AfterShokz ビジネスモデル骨伝導ヘッドホンOpenComm商品レビュー

この記事は約10分で読めます。

AD スポンサー

AfterShokz ビジネスモデル骨伝導ヘッドホンOpenComm商品レビュー

こんにちは!ゴンタです。

コロナ過のこの時代、世の中は人間の環境破壊によるツケが回ってきている状況下でダブルパンチで辛く暗い影を落としていますが、皆さん元気に過ごしてますか?

コロナの影響もあって自宅でテレワークはもはや当たり前となったような、これからの新しい働き方のような気がします。 会社に行く時間も本当は無駄な移動で時間の消費と環境破壊にも少なからず影響しているので会社に行かない働き方は意外とマッチしているのかもしれません。

そんな自宅でお仕事にぴったりなビジネスユースの骨伝導ヘッドホンをメーカーのAfterShokzさんから提供をいただいたので商品レビューしたいと思います。

今回、商品レビューするOpenComm以外にエントリーモデルのOpenMoveと最上級モデルのAeropexの合計3種類を提供いただいて、商品レビューしていますので気になる方はそちらもご覧ください。

https://www.blockmodule.com/archives/4954

骨伝導ヘッドホンメーカーのAfterShokzって?

ところでAfterShokzって?って声が聞こえてきそうなのでメーカーさんを調べてみました。
AfterShokzさんは骨伝導イヤホンのリーディングカンパニーとして2004年に活動をはじめ60の国と地域に商品を提供し、日本ではビックカメラやヨドバシカメラ、大手通販テレビショッピングのQVCなど多くの広告媒体で販売されています。もちろんAmazonや楽天にも公式ショップを設け、「ワイヤレスオープンイヤーBluetooth 骨伝導ヘッドホン」を専門に製造販売している老舗的な有名な企業です。

骨伝導イヤホン・ヘッドホンの特許を833件出願し、骨伝導トランスデューサーによる微小な振動を頬骨を通じて内耳に導き、耳をふさいだり覆うことが無く鼓膜に負担をかけない技術を日々改良している企業です。

ゴンタは難聴で左耳がほとんど聞こえておりませんが、どうやら内耳?の神経はいくらか残っているらしく、カナルイヤホンでは感じない音を「骨伝導イヤホン」では多少差がありますが音を感じることができ、健常者の皆さんがヘッドホンで感じる「ステレオ」効果を幾分感じることができます。 難聴のすべてが骨伝導で音が聞けるわけではありませんが、内耳の神経が多少でも残っている(感じる)場合はこの骨伝導イヤホンはとても素晴らしい発明品だと思います。

AfterShokz ビジネスモデル OpenComm 骨伝導ヘッドホンはこちら

ビジネスモデルのOpenCommは骨伝導イヤホンなのにブームマイクが・・

骨伝導イヤホンとかヘッドホンって耳をふさがない耳にやさしいヘッドホンで有名ですが、AfterShokzのビジネスモデルのOpenComm(ASC100)はノイズ間セリング機能を持った稼働型ムーブマイクが付いています。

AfetrShokzが販売しているすべての骨伝導ヘッドホンにはマイクが搭載されており、2台の機器と同時に接続できるマルチペアリングができる優れものですが、OpenCommはビジネスモデルとして販売しているだけあって、マイクは稼働型のムーブマイクになっており通常使用時はムーブマイクを本体側に回転することができます。

ブームマイクを回転させて収納モードにした場合、通常のAeropexOpenMoveと同じ使用感で普段使いのヘッドホンとして使用できますが、電話がかかってきたりテレワークで会話をする場合はブームマイクを口元に回転させるだけでマイク付きヘッドセットとして使用できます。

ビジネス向けで販売されてますが、ゴンタが実際に使用してみた感想はゲーム中継や通常のランニング時に電話やLINE通話などいろんな場面で使うことができ、マイクを回転させて収納したときの違和感など全くないので、マイクを使いたい時に口元にムーブマイクを回転させるだけというのがキーポイントだと思いました。

任天堂SwitchやPS4/PS5でも使えオンライン対戦中の通話もできるので、スポーツからゲーム、ビジネス用途まで使う場面を選ばないところが素晴らしいと感じました。

ビジネスモデルのOpenCommはちょっとした気遣いが・・

今回商品レビューでエントリーモデルのOpenMoveには収納用きんちゃく袋(これも肌触りがいいチョットお高め)にUSB-C充電という構成でしたが、ビジネスモデルのOpenCommはビジネス場面で使用する想定から専用のハードケースになっており、ノイズキャンセリング付きのムーブマイクを折りたたんできれいに収納できるようになっています。

 

製品パッケージから見てもお仕事向けっぽい感じがしますが、商品の構成に気を使っていてハードケースには本体が形が崩れず動かないようした保管パッドと、説明書とマグネット着脱式のUSB充電器を収納できるようになっています。 OpenMoveと同じく2年保証が付いており、保証書も一緒に保管できます。 営業さんやメンテナンス業・土建屋さんなど仕事先で使用する事を考え移動中は頑丈なハードケースで保管できるようになっているあたりはちょっとした気遣いのように感じます。

高級感のあるビジネスモデルOpenCommのパッケージには次のものが入ってましたのでご紹介します。

  • ムーブマイク付き骨伝導イヤホン OpenComm(ASC100)本体
  • OpenComm専用ハードケース
  • マグネット式着脱充電ケーブル
  • 2年間保証カード
  • 安全に関するしおり
  • 説明書
  • イージー説明カード
  • 耳栓

AfterShokz ビジネスモデル OpenComm 骨伝導ヘッドホンはこちら

便利なマグネット着脱式USB充電器

ビジネスモデルのOpenCommは充電ケーブルがマグネットの着脱式USBケーブルとなっています。 USB-Cコネクタをゴムキャップを開けて挿して充電するエントリーモデルのOpenMoveに比べ、ワンタッチのマグネット着脱式充電ケーブルはとても便利です。 本体の後ろ側にオープンコネクタがあり、IP55の防水ながらカバーはありませんので、マグネットになった充電コネクタをカチャッっと取り付けるだけの簡単充電です。

AfterShokzの骨伝導イヤホンは素晴らしい

今回、メーカーさんのご協力でエントリーモデルのOpenMoveとビジネスモデルのOpenComm、ハイエンドモデルのAeropexを実際に使用してみて感じたことは、「骨伝導風イヤホン」ではなく、しっかりした骨伝導イヤホンだという事です。 骨伝導イヤホンの振動子はスピーカー形状のコーン振動(大きな音漏れで「風」なもの)や振動版がマグネットで稼働するものなど様々なものがあるようです。(私は詳しくない・・・)

このAfterShokzの骨伝導イヤホンは振動子の部分が激しく振動している割には極力近寄らない限り音漏れのようなことはないという事で装着してみて振動だけで音が伝わるという世界を感じることができました。

AfterShokzの製品を体感した後で申し訳ないのですが、構造が違うゲオのお安い骨伝導ヘッドホンも最初は感動しましたが音漏れがあり、純粋な骨伝導ヘッドホンというよりは骨伝導ヘッドホン(風)な感じがしてしまいます。

一度使うとオープンイヤーのヘッドホンは周囲の音を遮らない自然な装着にやめられなくなります。。
AfterShokz ビジネスモデル OpenComm 骨伝導ヘッドホンはこちら

ビジネス向けでムーブマイクにする意味とは・・

OpenCommには回転して収納したり口元へ移動したりできる回転型のムーブマイクが備わっていますが、AeropexOpenMoveにも内蔵マイクがあり、2台の機器と接続できるマルチペアリングも備わっています。

機能的には同じですが、ムーブマイクがあるのはビジネスモデルのOpenCommだけでです。OpenCommのデュアルノイズキャンセリングには周囲のノイズや会話音、生活環境音がムーブマイクのおかげでかなり低減できる点が大きな機能的な違いとなっています。 ムーブマイクを利用した会話ではノイズやガサガサ音などの他に周囲の音が低減されており、会話がしやすいと感じました。

 

OpenCommにはNFCペアリング機能が付いている!

ビジネスモデルの骨伝導イヤホンOpenCommにはNFC(Near Field Communication:近距離無線通信)機能が搭載されており、NFCの互換がのあるデバイス(スマートフォンなど)に近づけるだけで自動的にペアリングすることができます。毎回面倒な繰り返される煩雑なペアリング作業を大幅に簡略化できるため、とても簡単にペアリングが可能です。
さらにBluetoothペアリングに比べて少ない消費電力で済みます。

 

ビジネス向け骨伝導ヘッドホンOpenCommの性能をまとめてみました。

バッテリー
バッテリー駆動時間 16時間 充電時間 1時間
最大駆動時間 最大14日 充電ポート 磁気誘導コネクタ
バッテリー容量 170mAh 最大充電電圧 5.25V
接続性能
Bluetooth規格 Bluetooth Version5.0 マルチペアリング 同時2台接続可
ワイヤレス範囲 10m以内 互換コーディック SBC対応
対応プロファイル A2DP,ACRCP,HSP,HFP
デザイン
防水&防塵規格 IP55防水 重量 33g
材料 フルチタン 水分検出機能 搭載
コマンドコントロール
多機能ボタン・ボリュームボタン
サウンド
周波数帯域 20Hz~20KHz 感度 96dB ±3dB
EQ機能 ボリュームスタンダードモード(日常的に音楽を聴く)
ボリュームアップモード(音量の70%以上に設定されている場合に使用する)
イヤープラグモード (特定のオーディオでより低音を楽しめる)
マイク機能
マイクタイプ デュアルノイズキャンセリング マイク感度 -38dB ±3dB

実際に商品を開封レビューした動画はこちら

公式サイト・Amazonや楽天で購入できる!

公式サイトから購入した場合、公式特典として2年間保証に送料無料で他にはない30日間の返品・返金保証をしています。
楽天やAmazonにも公式ページがありますが、30日間の返品・返金保証はありませんので注意が必要です。

AfterShokz ビジネスモデル OpenComm 骨伝導ヘッドホンはこちら

骨伝導 通話専用 OpenComm AfterShokz 骨伝導イヤホン ワイヤ レスヘッドホン テレワーク在宅ワークに最適 最強ノイズキャンセリングマイク運転中の通話でもきちんと相手に届きます (Slate Gray)
Aftershokz
【24時間快適】 耳に入れず、耳を塞がずだからヘッドセットの使用中も常に周囲の音に気づくことができます。耳を開放しているため汗などで蒸れることなく、耳の炎症リスクがありません。 オープンイヤーデザインにチタニウム・フィットを加え、常に快適かつ安定感のある装着感。

エントリーモデルとハイエンドモデルもオススメ!!

AfterShockzの骨伝導ヘッドホンではハイエンドモデルの実力は素晴らしいです。
エントリーモデルのOpenMoveも侮れないです。

こちらも公式サイトはもちろん、Amazon・楽天での販売しています。

AfterShokz Aeropex 骨伝導イヤホン 日常用に最適 快適な装着感 8時間の連続再生/通話が可能 防水防塵 ワイヤレス 公式ストア正規品 2 30日間返品無料 ソーラーレッド
Aftershokz
¥19,998(2022/09/02 21:36時点)
【AfterShokzがShokzになりました】 骨伝導技術のパイオニアであるAfterShokzは、Shokzに改名しました。短く、速く、呼びやすく共有しやすい名前へと変えながらも、革新的なイヤホンへのこだわりは変わりません。また、アマゾンで「Shokz」を検索すると、新商品を見つけます。

公式サイト AfterShokz Aeropex 骨伝導ヘッドホンはこちら

公式ストア正規品 AfterShokz OpenMove骨伝導イヤホン Bluetooth5.0 普段使い用として 通話可能 超軽量 駆動時間6時間 ワイヤレス 2 30日間返品無料 Slate Grey
Aftershokz
【オープンイヤーデザイン&コンパクトな本体】 Aftershokz骨伝導ヘッドホンは、特許取得済みの骨伝導技術とオープンイヤースタイルにより、安全性と衛生的なオーディオ体験と、これまでにない新しいライフスタイルを提供します。わずか29g(100円玉6枚ぐらい)の超軽量ボディにはなめらかな素材を採用し、長時間の装着でも痛くなりにくい特徴を持っています。また、メガネをお使いの方でも干渉せず骨伝導ヘッドホンを楽しめます。

公式サイト AfterShokz OpenMove 骨伝導ヘッドホンはこちら